種まき組の移植

種まき組を移植しました。 セリンセマヨールとセントーレアブラックボールです。もし今年もブラックボールが青いヤグルマギクならこのタネは捨てようと思います。なんだかはてなブログが調子悪いのでこのへんで。にほんブログ村ランキングに参加しています。…

バラのこと2018.11.18その2

問題はこの子、ブルー・フォー・ユーです。 とにかく秋口から調子が悪く芽吹きもしません。 流石に枯れてしまったのか心配ですが根本がグラグラするとかないんですよね。 アウェイクニング 実は結構元気な方です。花が咲かないけれどどんどん茂っていく。 し…

バラのこと2018.11.18

バラのことは枯れ枯れな感じなので書くのがはばかられましたが、あるブロガーさんの記事で小山内さんが「秋バラが咲かないくらいで諦めんなよ。春にはドーンと咲くんだから。」 と言っていた言葉に勇気付けられたので書きましょう。 ペルルドール。 秋バラは…

咲いちゃったデルフィニウム

デルフィニウムが秋なのに咲いちゃった。 蕾がたくさんあったからもしかしてと思ったけれど。 春咲きの植物が秋にも咲いたら四季咲き風味になりますね。 実はトキワマンサクちゃんも植えてしまいました。 成長が遅そうだったので。デルフィニウムが見えない…

秋のチャーリーブラウン

チャーリーブラウンが咲きました。 秋のバラたちがこぞって不調を訴えたのに対しこの子はいつも通りの不調と回復を繰り返し、今咲く時期になりました。 その姿はまるで普段病気がちでいつも薬を飲んでは治ってを繰り返している人がその年大流行したインフル…

レウカンサ復帰

剪定が甘くて背が高くなりすぎたサルビアレウカンサを最盛期に切り戻しました。 ちょっとかわいそうだったけれど見事に復活。 うん、復活するとは思っていたけど。 すごく丈夫です。秋にしか咲かないという事を除けば、葉が柳葉でこんもり茂ってくれて、花期…

秋のプタオホン

バラが一部だけど元気を取り戻してきています。 一番乗りはプタオホンでした。 丸っこい花が少しづつ開いていくのが愛らしい。秋バラはゆーっくりです。 蕾もたくさん。 チャイナローズは秋咲性を今のバラに受け継がせるために交配した品種なので今のバラよ…

銅葉ダリアのうどんこ病

銅葉ダリアのうどん粉病がすごいです。 バラの隣なのでちょっとやめて欲しいのですが、 結構花が咲いているので惜しくて刈り取っていません。 バラみたいに葉を落としてもまた生えるのならいいけれどそういうわけにもいかないし。 寄せ植えのダリア黒蝶もう…

種まき組

種まき組の話。 セントーレアブラックボールとセリンセマヨールはどんどん大きくなります。 そろそろポットに移植かなー。 ほかに芽が出たのがあっててっきりオンファロデスかと思ったら、オダマキノラバローでした。 こんなに早くオダマキの芽が出たの初め…

白万重

クレマチスシロマンエが咲いています。 花期が長くバラが咲くとされる時期をきちんとカバーしています。 今はまだバラが充実していないけれど、クレマチスは成長は早いので2年目でもしっかり花期通りに咲きます。 クレマチスはそこまでたくさん育ててないけ…

僕らをつなぐ花屋さん

普通ブログを読み始めた時はその人がどこ出身か男性なのか女性なのかわからないところから始まります一度読んでブックマークしないでもう二度と会えないブログもあるけれど、園芸ブログであればすいくつかの記事を見ていることが多いです。植生が近いとなん…

紅の庭三銃士その後

まみなみの庭に植えたバラの数7本。 1番手前の青の庭にブルー・フォー・ユー 2番目のオーレアの庭にウィンダミア 3番目の庭にペルルドールとレディ・エマ・ハミルトン そして奥の紅の庭にバーガンディアイスバーグ、プタオホン、モーデンブラッシュと植えま…

老いてなお?ルドベキアタカオ

秋の花が咲いている話をしたのだけど、実はルドベキアタカオもまだ咲いています。 なんて花もちがいいんだろう?と思っていました。 新芽が株元から出ていたし切り戻しをしようとすると、なんと蕾が付いていました。 まだこれから咲くようです。さすが団地の…

落葉一葉

仕事がなかなか片付かなくて長期戦を覚悟した時、よく立ち寄るラーメン屋があります。 その日も帰るのが遅くなりそうだったので少し腹に何かを入れることにしました。 空腹で胃痛になる事もあるので。なんだかんだと痩せられない。ラーメン屋につくと珍しく…

LATE RISER

アウェイクニングは遅いお目覚め。 クォーターロゼット咲きの花なのだけど、今回は少なくて剣弁高芯咲き?みたいな面持ちだったけれど... 開くと一応中がくしゅくしゅ。 不機嫌そうだね。お世話が悪かったの? なんとか言ってよ。 そうそうアウェイクニング…

帰ってきたサルビアウルギノサ

x サルビアウルギノサ、つまりボッグセージを北面に植えたらその後枯れてしまいました。 やはり日当たりは大事なようです。 湿気が好きなサルビアなのでいけるかと思ったのですが。 そこで、徒長しまくりのサルビアアズレアを移植して新たにサルビアウルギノ…

サルビアコクシネアコーラルニンフ

サルビアコクシネアコーラルニンフは中央〜南アメリカ原産の一年草のサルビアです。 ブッシュ状に生育し、高さ50cmほどの位置で花を咲かせるため、ち小さめの花壇の中衛、大きめの花壇の前衛に適した植物であると私は思います。 coccinea=コクシネアとは真…

ヒューケラ

全体的に調子が良くない我が庭なのですが、調子がいい植物もあります。 それはヒューケラです。ツボサンゴと呼ぶ人もいるでしょうか? このヒューケラパリは今年迎えてホスタの小径に加えた子ですが一度も調子を崩すことなく生き生きしています。 もともと日…

復活の兆し

台風で折れて刈り取っていたサルビアレウカンサに新しい蕾がつきました。 ほんのちょっとだけど、この花は秋の主役を張れる花なのでないのは少し寂しい。 アウェイクニングの秋花も。 小さいうちから秋に咲いてくれるつるバラは貴重ですね。 少しでもなんだ…

スマニュー砲

youtu.be 今朝、はてなブログのアプリがアルジャーノンの庭のPVが100を超えました!とかおしらせしてくるので、「あー月末にこれはのどか」と軽く流していたのですが、 あれ?もう11月だよね? とアクセス解析を見ると既に200以上になっていました。 これ…

秋に咲く花たち

寂しい庭だけど、秋は結構沢山の花が咲いています。 宿根サルビアは裏庭や鉢にあげたので少ないけれど和のものが結構多くてそれはそれで美しい。 代表格はシュウメイギク。 原産地は日本でなく実は中国。という帰化植物。 そういえば中国人の日本人への印象…

斑入りのランタナ再び

庭を拡張するときに枯れたと思って抜いてしまったランタナを今年もう一度お迎えしました。 斑入り植物は案外弱くてやはりランタナくらい元気がないとうまくいかないと思ったからです。 右はオーレアのカレックス。 線と面でもあります。 左は銅葉のダリアや…

アガベの様子

300円で買ってきた小さなアガベを育てています。 品種は五色万代だったかな? 去年子株ができたので株分けしたのを覚えています。 成長が緩やかなのでそこまで大きくなった気がしませんが二回鉢上げしたので葉の数も増えたはずなのですが、イマイチわかりに…

バラのお世話

今年は秋バラが咲きませんが、対策はしなければならないと思い健康状態をチェック。 他のバラは葉すらほとんど落とした状態なのでペルルドールを観察、 今年はこの虫がすごく多い様です。一つ一つ取っていましたが、少し株が込み合いすぎだと思ったので時期…

急に寒くなって

長年会社に勤めていると仕事ができない人が何となくわかるようになった。 といってもそんなにすごい事ではないのです。 例えばどういう人が成功を収めるかとかどういう人が仕事長続きするかとか、どんな風にすれば売り上げが伸ばせるかとか、そういう事がわ…

このバラと生きていく

youtu.be 秋バラ全滅状態の我が庭でチャーリーブラウンに蕾がつきました。 朝日を浴びながら少しづつ花開くチャーリー。この琥珀色がなんとも美しい。 そして不器用そうに咲いた。 今年よくお話ししたようにチャーリーブラウンは決して丈夫なバラではありま…

ダルマギク

ダルマギクが咲きました。 最近こういう花らしい花も許せるようになりました。 エリゲロンを植えたあたりから楚々としたロゼット状の花弁の花を許せるようになったのです。 そもそももう少し紫っぽいエリゲロンのような花を植えたかった事から選んだ花ですし…

常緑のススメ

この間コニファーブルーアイスの相方を務める銅葉の植物を検討していると書きましたが、 その候補にトキワマンサクをチョイスしてみました。 黒美人という矮性品種です。 トキワマンサクは結構大きくなる植物なのですが、黒美人はそこまでではないと事でした…

黄色に衣替え

銅葉ダリアがまた咲いた。 あのピンクのようなアプリコットのような花のダリアです。 何と今は黄色くなって咲いています。 色々な理由で黄色は避けてたんだけど実はドピンクなんかよりだいぶん好きな花色かもしれない。 そもそも最初に植えたピンクがアプリ…

青い青いリンドウ

佐川町のリンドウが咲いた。 青い青い花だった。 にほんブログ村ランキングに参加しています。 ポチッとしていただけると励みになります。