自由の魂


Red Hot Chili Peppers - Slow Cheetah




そのバラはホームセンターの片隅で眠っていた。

f:id:algernonab:20180109051333j:plain


イングリッシュローズを置いているホームセンターは結構あります。
大体のそれはヘトヘトに疲れた状態で見向きもされない。
ところがこの子はろくに手入れもされていないのにものすごく枝葉を伸ばし、売り場で窮屈そうにしていました。
まるで自分の居場所を見つけれられず力を持て余すかのように。
自由を求めて手を伸ばしているように。

f:id:algernonab:20180109051801j:plain

イングリッシュローズは決して安いものではありません。
こんなところで買って失敗するリスクだってあります。
店に来てどれくらい時間が経っているのだろう?芽かきをしていないのでミツマタになった枝がたくさん出ていました。
でも私はかのバラをなぜか放っておけませんでした。

f:id:algernonab:20180109052140j:plain

スピリットオブフリーダム。
およそイングリッシュローズを買い求める人達が好まないようなネーミング。
調べると、デビッド・オースチン氏は潔く散っていくバラの作出を心がけているそうで、このバラは逆に花持ちが良く彼の作出の中では異端児に当たるようです。

なのに花弁数200もあってラレーヌビクトリアのようなオールドローズ調のカップ咲。
面白いバラです。今年はもう買わないと思っていたけれど、誕生日プレゼントとしてお迎えしました。


スピリットオブフリーダム バラ - Google 検索


うまく咲いて私の庭で自由を謳歌してほしい。


自由の魂。
自由なる魂とはどんなものだろう。
一人でいることだろうか?
大好きな人といて心を解放されている時だろうか?
親しい友人達に囲まれているときだろうか?

それは人それぞれで、根本的に自由なる魂とは関係がないように思えます。
一人でいても寂しさが勝つ人は自由ではないし、恋愛至上主義の人もいれば、友達が人生の宝の人もいる。

そういう事ではなくて自分の心の在り方的な事ではないかと私は思います。
例えば今の私の悩みだと、大きな仕事でちょっとしたミスをしてしまいました。別に全てがダメになると決まったわけではないのに、最悪の事態を考えてしまっている。
新しい上司の朝令暮改に振り回されて、結局自分は信頼されていなかったと凹んでいる。

でも考え方一つでどうとでもなる事です。
ミスをした事は、失敗が明るみに出て最悪の事態になる前に手を打つことができた、気をつけて臨むことが出来た。
上司については彼も不安で完璧じゃない、言葉のちょっとした事や、人を上手くついて来させられないのは仕方がない事。上手くついていくのも良い部下の務め。

この自由なる魂でいるために必要な事はなんでしょう?
人によって処方箋は異なるけれど、私は人を、あるいは自分を赦す事だと思っています。
自分は完璧じゃない。失敗もする、人に迷惑をかける、人も同じ事。
自分を赦し、人を赦し、あるがままに起こってしまった事実を受け入れる。
そしてそこで何が出来るか考えて行動する。それが出来ればもう自分の魂が何かに囚われている事はありません。

魂を自由にできないのは自分や他人に完璧を求めてしまうから。
理想を持つのはいい。でも等身大の自分を見つめて、そこでどうするか考えるのに一旦自分への他人へに執着を捨てる。

ありのままでいい。
いいえありのままでなければ何にも始まらない。


今日も私がスピリットオブフリーダムでありますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
私のスピリットオブフリーダムを応援して下さる方はポチッとしてくれると嬉しいです。
よろしくおねがいします。