夢のスペース

youtu.be



さぁ夢のスペース作成です。

えーっと、なんなの夢のスペースってという人のために、もう一度説明。
私は12月に狭かった庭の奥行きを大きくしてキャパシティを増やしました。

algernonab.hatenadiary.jp


これは一段階目で地植えスペースを庭と反対の場所にもう一箇所作る計画でした。




algernonab.hatenadiary.jp


f:id:algernonab:20180203205553j:plain


まず、植枡のスペースを地面に描いて掘る面積を決定します。


f:id:algernonab:20180203211903j:plain


そして掘ります。
11月に奥行き拡張をした時大分書いたので今回は掘る作業について細かく書きませんが、石がかなり出ました。
植枡自体に土を盛るので今回は深さ40cmくらいでしょうか?配管の位置を覚えておくために写真を残しておきましょう。



f:id:algernonab:20180203212235j:plain


そして土作り。
私の脳みそに直接土作りの大切さを書き込んだ先生が園芸店の堆肥がいいよと教えてくれたので今回はそれを使ってみました。
左が園芸店の牛糞堆肥、右がホームセンターの安い堆肥。
色と触った感じが違う。園芸店の方がこなれている感じがする。まだそこまでしか違いがわからないけど。


f:id:algernonab:20180203212614j:plain



掘った土と堆肥、もみ殻くん炭、パーライトを混ぜ合わせます。
ちょっと堆肥が多めだったかな?



f:id:algernonab:20180203212738j:plain



今回は会社で一回使って捨てられていた養生シートを堀った土置きにしました。
これが案外と便利で、少しづつ土を戻して、最後四隅をつまんでバサーっと戻すのに適しています。
無料だし。




f:id:algernonab:20180203213619j:plain



混ぜ合わせて埋め戻しました。



f:id:algernonab:20180203214523j:plain


そしてアウェイクニングを移植します。
根っこが切れたとこもありますが、移植は休眠期であるこの時期が一番いいので一気にやってしまいます。
レンガの配置と一旦に抜いた植物の配置を確認。
アウェイクニングは少し斜め前に出しました。



f:id:algernonab:20180203214923j:plain



今回の作業で一番大変だったのが、一番下のレンガの水平出し。
水平器は使い慣れたものだけれど、地面をしっかりと固めるのがなかなか大変。
柔らかい部分は念入りにレンガで踏み固めておきました。元々左右の水平がとれていない場所なので、掘った土を少しずつ加えて整えていきます。



f:id:algernonab:20180203215227j:plain



下ができたらあとは簡単。今回はやり直しがきくようにモルタルで固めない工法でいきます。
互い違いに組んで、間の隙間が大きいところは掘った粘土質の土をはめ込んでいます。




f:id:algernonab:20180203215420j:plain



植枡の部分の土は赤玉土と堆肥、パーライト、もみ殻くん炭、余った土で作ります。
今まで赤玉土は中粒のみの使用でしたが、今回は小粒も使っています。



f:id:algernonab:20180203215656j:plain



土を入れて植物を植えたら出来上がり。
駆け足でいきましたが、実はアウェイクニングが植枡の左側面の場所に植えられていたため、植枡作りはアウェイクニング移植と同時が必須条件でした。
そのために誘引を一回ほどき、移植後もう一度誘引し直すなど見えない手間もかかりました。


f:id:algernonab:20180203221413j:plain


庭からサルビアレウカンサを移植しています。
サルビアインボルクラータが同じ秋咲きで並んでいたのでこの子はこっちに。
シロマンエは何か誘引方法を考えないと。行燈仕立ては無いよね。

春が楽しみ...。





計画通りに事が運びました。
私は上手くやれている。そう言い聞かせるけれど、心配な部分もあります。


急激すぎるのです。


ずっとあの狭い庭で私は簡単な植物だけ育ててきました。
難しい植物を育ててストレスになったら本末転倒だからです。
でも去年、色んな庭に憧れて私は前に進むことに決めました。
カッコいい庭にしたい。
色んな人の力を借りて私はここまで進んで来ている。


形は整っている。でも、今は植物の休眠期。
もし私の土が良くなかったら、植え込み植え替え時に植物にダメージを与えていたら、活動が始まる春になったら全部枯れてしまうのではないか?

himenobaraen.jp


まだ本当の庭の結果は出ていない。一気にやって、一気に上手くいけば一気に良くなる。
でも一気にダメなら全部ダメになる。




私は慎重というか悲観主義者です。
心の浮き沈みは少ないけれど低い位置でずっと維持しているようなところがあります。
だから夢もそんなに見ないし野心もない。


上手くいってもどこか冷めていて、自信が持てない。



f:id:algernonab:20180203222805j:plain



タフステンストーンに腰掛けてふと庭を見下ろすと、この間の寒波でシャーベット状になっていたニゲラヒスパニカが復帰しています。
おお、君は元気だな。などと心で声をかけていて私は気付きました。
この子は植えた時よりも大きくなっている。

葉は根っこ以上に育つ事はない。
ガーデニングの基本です。では葉が大きくなっていたらそれは?


「根っこが育っている。」


私は頭でっかちだ。
こんな簡単なことに気づかないなんて。
そうだよ、一年草はもう動き出しているじゃないか。
私が作った、一気に作ったその土で根を張って育ってるじゃないか。


大丈夫だよ。

そう言われた気がしました。
今日は作業ばかりしていたな。明日は少し庭でボーッとしてみよう。
私の頭と心が離れてしまわないように。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
いつもそばにいるよ。
ポチッとしてくれると嬉しいです。
よろしくおねがいします。