満を持してレディエマハミルトン

私が保有しているバラのおさらい。

1ペルルドール
2シュネーケニギン
3チャーリーブラウン
4グリーンアイス
5ボルドーコルダナ
6カーディナル・ドゥ・リシュリュー
7バーガンディ・アイスバーグ
8プタオホン
9ブルー・フォー・ユー
10アウェイクニング
11モーデンブラッシュ
12スパニッシュビューティー
13覆面ER「W」
14ロサケンティフォリアムスコーサ
15スピリットオブフリーダム

今年に入って3株買っていたのでもう今季はバラを買うまいとしていましたが、イングリッシュローズを買ってまあまあそんなにすぐ枯れてしまいそうな気難しさを感じなかった私は以前から欲しかったバラに目が行くようになりました。

アプリコットからソフトピンクのペルルドール、モーデンブラッシュ、アウェイクニング
ローズピンクのプタオホン
ピンクのロサケンティフォリアムスコーサにスピリットオブフリーダム、スパニッシュビューティー
白い「W」にグリーンアイス、シュネーケニギン
赤のボルドーコルダナ
紫のカーディナル・ドゥ・リシュリュー
藤色のブルー・フォー・ユー
赤黒のバーガンディ・アイスバーグ
茶色のチャーリーブラウン

私が持っていない系統は黄色。でも黄色はフォービドゥンカラーなので植えません。
もう一つあります。
それは...。

オレンジ色です。

我が庭は大きく分けて4つのエリアに分かれます。
青や藤色の花とブルーリーフのブルーの庭
オーレアの植物となるべく白い花を多くする予定のオーレアの庭
アプリコットから杏色のアプリコットの庭
紅色や赤紫とシルバーリーフと銅葉の植物で構成させるバーガンディの庭
と言った感じです。

バーガンディの庭にはその名の通りバーガンディアイスバーグ、プタオホン、そして抜きを加えるため薄色のモーデンブラッシュを合わせています。
ブルーの庭はまだブルー・フォー・ユーを植えたばかりですが、いつか青いバラの祖となったカーディナル・ドゥ・リシュリューと白い花のシュネーケニギンかERの「W」を植えてあげたいと思っています。

という流れでいくとオレンジのバラはアプリコットとオーレアの庭の間あたりに植えるバラとなります。
オーレアやバリエガタの植物では色が明るいため、できたら茎が黒いバラが良いと思います。
ついでに葉っぱも黒っぽかったら更にいいです。
そして近所のペルルドールが小さめでその前あたりに植えることになりそうなので、あんまり大きくなるバラでは困ります。
あーそれと今までバラの香りについてはそこまで考えていなかったけれどブルー・フォー・ユーを買ったあたりから香りにもこだわる様になりました。なのでいい香りがするというのも重要ですね。
もちろん育てやすい品種がいいよね。堅実な私のことですから。

バラに詳しい人たちから「あー、それならレディエマハミルトンがいいんじゃない?」
と口を揃えて言われそうです。
私もそう思います。
まさしくこの庭のこの場所に植えるのならレディエマハミルトン以外ない。
今や作出国縛りもない、イングリッシュローズに抵抗もない。
ほら私を選びなさい。言われているかのようなそんなバラでした。

でもあまりにも条件が良すぎてもなんだか気後れして、じゃあ買おうとならないものです。
みんなが勧めてるし。私ひねくれ者だし。
恋人を選ぶときに生年月日のリストを見てあー相性がいい星座だから付き合おうとか思わないですよね。
A型だから安心よねとか選ばないですよね。(でも好きだなと思った女優さんは双子座や天秤座、射手座の人が多いので案外関係なくもない気はするけれど)

そんな感じで、わかってはいるけれどネット上で注文するのはなー。と思っていました。


しかし、この季節になると新しくERの苗が販売されるんですよね。
そこでついに私はかのバラに呼び止められてしまいました(怖)
ホームセンターに入ったばかりの苗は元気そうに芽吹きまくっていました。
こうやって元気に入ってきた苗たちもやがて時間が経つとこの間のスピリットオブフリーダムの様に伸び放題になってしまいます。

f:id:algernonab:20180310163808j:plain

どうせ買うのになぜ1番綺麗な私を買わないの?



私「あー!もう!そこ芽欠きしたい!!!」




f:id:algernonab:20180310163829j:plain


というわけで。
いや全く共感を得られないのはわかっていますよ。
でも、というわけで我が庭に初のオレンジのバラレディエマハミルトンをお迎えしました。
タグ見たらレディ・エマ・ハミルトンでしたね。・がめんどくさい。


さてこんなにアホみたいな字ばかりのブログついでに今までやったことがないことをやってみましょう。
私のバラリストを見て思った方がいらっしゃれば結構気があうかもしれません。
マダムなんとかってないでしょう?
それどころかカーディナル・ドゥ・リシュリュー以外人名がついたバラってないんですよね。
これはこだわったわけではなく偶然。

なので今までバラに付けられた女性について調べたことはありませんでした。
なんかバラ名男とバラ名女が一緒に植わっててどうだ...とか妄想するのは男子としてはちょっとキモいのでそういうのは今後もやりませんが初の女性名のバラなので少しレディ・エマ・ハミルトンさんについて調べてみました。



wikiによるとエマ・ハミルトンさんは1765年にイングランドはチェシャー州で生まれ、
生後二ヶ月で父を無くした後、無学な母の元で育てられました。
とても可愛い外見でしたが、男性に開放的な性格で社交界の名士の愛人や絵画のモデルとして知られていた様です。
やがてエマはチャールズ・グレヴィルという貴族と恋に落ち同居する様になりますが、金持ちの女と結婚したいとおもったチャールズは厄介払いに彼女を自分の叔父のウィリアム・ダグラス・ハミルトンに愛人として押し付けます。
ウィリアムはエマを気に入って正式に結婚します。

その後偉大な英国海軍提督ネルソン提督と恋に落ちます。
え?不倫ですか?
という感じですが、夫のウィリアム公認の仲だったとか。

そんな寛大なウィリアムを無くし、そしてネルソンも戦死。
残されたエマはもともとの浪費癖がたたって借金地獄に陥ります。
エマは酒に溺れて肝臓を痛めて死亡。


なんだか壮絶。すごい人です。ホスタのジプシーローズを調べたときくらいの衝撃。
きっと普通の人には嫌われ気味の人物であろうかと思います。
ただ借金と浪費癖はエマの問題として、母子家庭で育って、教育も受けられず、自分にある何かで生きていこうとして愛人という道を選んだのは当時としてはある意味当たり前のような気がします。
そしてきっと愛していたであろうチャールズに捨てられたのが、エマ21歳。結婚が早かった当時の女性としてはソコソコの年齢です。結婚しようと思って付き合っていたのに適齢期を過ぎた頃捨てられる様なものです。
そこで押し付けられたというウィリアムはなんと35歳上のおじさんです。結婚したときはエマ26歳でウィリアムは61歳ということになります。
好きだった男に金持ちの女性と結婚したいからという理由で捨てられたエマにとってかなり年上のウィリアムは会った事がないお父さんの様な人で、包容力があったのでしょう。
単に裕福な暮らしを求めただけではないように思います。

その後ネルソンと恋に落ちるわけですが、1798年ごろだとしてエマは33歳、ネルソンは40歳。
やっとです。やっとエマにピッタリとあった年齢の好きになれるいい男に出会ったわけです。
チャールズですら16歳上なのでエマにとってこの7歳差はもしかしたら初恋にも似たものだったのかもしれません。

そしてエマが33って事はウィリアムは68歳。当時は早死にでしたでしょうから今で言う80位じゃないでしょうか?
もう自分の女がどうとか言ってる場合じゃないです。棺桶片足の男からしたら、自分の後に残される妻が好きな男なら応援してあげたくなる気持ちも分からなくはないです。むしろ本当に愛していたのならそういう気持ちになるような気がします。もともと娘みたいな奥さんだったはずですから。


という感じでリアルにエマの人生を歩いてみると単にふしだらで自堕落な奔放な女性ではなく、
愛を知りたくて愛に生きた不器用にして不幸な女性の姿が浮かび上がります。



バラのレディ・エマ・ハミルトンが純白でなく、可愛いピンクでもなくオレンジを纏っているところにデビッド・オースチンさんのエマへの気持ちが込められている様に私は思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
これだけ書いといてレディ・エマ枯らしたらどうしよう...。
ポチッとしていただけると励みになります。

広告を非表示にする