2018年私のファッションテーマ

昨日、吉谷桂子さんのブログでもスミレのことが書かれていて、同じ日本の季節にいるのできっと偶然でしょうが嬉しくなりました。

私がガーデンデザイナーの吉谷さんを好きになったのはアイリスドットコムのフォリッジ講座で知ってお友達から彼女の「庭の色」と言う著書を紹介されて読んだからですが、もう一つの要因は彼女がファッションデザイナーという一面を持ちガーデンデザインにもそれが出ているからです。植栽一箇所で二系統までの色使いをというのはまさしくコーディネートの基本なのです。

このブログではあまり語りませんが私は洋服とファッションがかなり好きです。
40歳を前に一区切り付けて庭に勤しむことにしましたが、もしかしたら一生の趣味なるかもしれないと思っていたくらい。なので真っ赤なカンナとルリマツリの赤と青の組み合わせでヴィトンのマサイチェックを思い出したり、ビオラタイガーアイを北欧のテキスタイルの様だと言う友人の表現に感服したり、黄色について皇帝が着る色で禁色とされていたと語る吉谷さんの文章を見たりした時とても楽しい気持ちになるのです。

庭仕事はオシャレなだけではないけれど出来たらオシャレガーデナーでいたいなとおもいます。


f:id:algernonab:20180313201631j:plain

と言うことで今日は庭の話はしません。
全景とったけど実はあんまり変わっていないしね。



春になると今年の流行色が発表されますね。
女性のファッションに多いですが私は男の人も一緒かなと思います。だって女性の流行りの一年後くらいを男性が追いかけているのだもの。
今年はピンクに黄色というところでしょうか?
あとはパステルカラー、ギンガムチェックポルカドット?

なかなかメンズファッションに落とし込めません。
私長年ずっと思ってるんですけど、黄色人種の日本人にパステルカラーはどうやっても似合わないと思うんです。
ああいうのはアングロサクソンというか金髪碧眼の人たち以外似合わない気がします。

pancy.jp


そんな中、食指が動く色がありました。
それはグリーンです。

f:id:algernonab:20180314001239j:plain

基本色のようで案外敬遠されるグリーン。
黄色が強いカーキはよく使われるようになりましたが青みがかった緑は少ないのかも?
そこで今回ユニクロユー??で出ていたダークグリーンのカットソーを買いました。

f:id:algernonab:20180314001415j:plain

写真ではうまく色が出ないのですが、黒に近い緑色です。
そもそも緑はアースカラーなので茶系の物と相性が良いです。

f:id:algernonab:20180314001919j:plain


同じアースカラーのベージュのチノパンというベーシックな物と会うので色々合わせられます。

f:id:algernonab:20180314002219j:plain

例えばベージュチノ+デニムジャケットでインナーは黒という普通のコーディネートをダークグリーンとブラックデニムという組み合わせでちょこっと外すとイメージが結構変わります。
ライダース型とかデザインに凝ってみるとなお良いです。



f:id:algernonab:20180314003124j:plain


色落ちデニムにも難なく合います。
ダークグリーンが色落ちした黒のような雰囲気でダメージ感が出ていいです。


f:id:algernonab:20180314003302j:plain

キャメルは不思議な色です。
黒いボトムと合わせると高貴な感じが出るのにデニムと合わせるとヴィンテージ感が出ます。
そんなキャメルのコットンスウェードジャケットとダークグリーンはどことなくフォークロア感が出て今までの感じを少し変えてくれます。


春だからといって大きくファッションを変える必要はありません。
でも自分の中で新しい色を組み合わせるのは楽しくないですか?私はいつもこういう感じで新たな色をコーディネートに加えます。
こうした流れで庭の花の組み合わせを思いつくこともあるし、庭の花からコーディネートを思いつくという逆輸入もあったりします。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
今日は園芸ではないけれど面白かったと思った方はポチッとお願いいたします。