バラのこと2018.3.21

昨日は春分の日でしたね。
blog.hatena.ne.jp
お題青い春も募集中。新学期に向けて新しいことやってみませんか?


さてバラの成長記録です。
こういう花のない記事って昔はどうかと思いましたが、花の綺麗な写真を見せるだけのブログって私のような未熟なガーデナー的にはつまんない気がしはじめたのでどんどんやっていきます。
本当のガーデナーさんなら人のブログ行って綺麗ねーとか言わなくても自分のバラを愛でればいいと思うんですよね。彼女いるのにビニ本見るみたいなことしなくてもって感じ。

かと言ってお庭を持てなくてブログで癒されるという人のお相手が出来るほど綺麗な写真も撮れないんですけどね。ガーデニングをしている人や興味がある人が「なあんだコイツくらいなら頑張ればすぐ出来る希望が持てた!」というブログが目標です。

私はもう私だけの道を見つけてしまったのかもしれない。

さて閑話休題

f:id:algernonab:20180321163100j:plain


レディ・エマ・ハミルトンは転かされた事も気づかなかったように茂りまくっています。
本当に赤い葉っぱです。綺麗。


f:id:algernonab:20180321164335j:plain


壁をベージュに塗ったおかげでペルルドールの新芽もかなり綺麗に映えます。
やはり赤目の茎が美しい。


f:id:algernonab:20180321164455j:plain


マンホールが残念だと植木鉢多すぎだと言う天の声に従ってスピリット・オブ・フリーダムの鉢をマンホールの上に移しました。
先の方に葉がつく、というか先の方の新芽だけ伸びる感じがする。こやつはいずれ地植え権を獲得しそう。



f:id:algernonab:20180321165817j:plain



バーガンディアイスバーグは花色がワインレッドなのに茎や葉の色は黄緑色です。
移設したのに結構元気そうです。やっぱミリオンってすごい。



f:id:algernonab:20180321164733j:plain


チャイナ系オールドローズのプタオホン。
葉が細く赤い茎というイメージでそうなんだけど、イングリッシュローズやティーローズを親に持つペルルドールとは違う感じ。赤いけれど黒くない。


f:id:algernonab:20180321165002j:plain


カナダのしっかり者モーデンブラッシュ。
去年鉢植えでスタートダッシュは良かったものの2番花以降は急速にダウンしてしまいました。秋には復帰したけれど今年はどうかな。
葉っぱはサラサラしていて黄緑色が強い感じ。オーレアの庭においても良かったかもしれない。
地元のバラ園出身。そのバラ園で初心者向けとして掲載されています。たしかに育てやすいです。



f:id:algernonab:20180321165329j:plain


モス系オールドローズ、ロサ・ケンティフォリア・ムスコーサ。
少し日が当たって透けた葉の色がかき氷のメロンシロップの様で眩しかったです。
この子は照り葉のバラと対局に位置している感じがします。
いつか夢のスペースでヒメウツギフジバカマなどの和風のものと合わせてオリエンタルな感じを出してもいいかな?と思っています。


f:id:algernonab:20180321170057j:plain


さて。気になるアイツですよ。
覆面ERのWさん。
ちょっとだけ芽が動いていませんか?


f:id:algernonab:20180321170123j:plain


ほらここも。
毎日見てる私しかわかんないですよね(笑)
でも動いた気がする。


これだけバラ持っててもバラ屋さんの新苗のサイト見たらやっぱり欲しいバラが出ちゃうんですよねー。
アプリコット色の日本の私が好きな育種家さんのアレ。でもまたカップ咲きだなぁ。
まぁ来年の楽しみに。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
私が欲しいバラが当てられますか?
ポチッとしていただけると嬉しいです。