その他のバラ/ブログ論

さて、思わぬ受難のカーディナル・ドゥリシュリュー


f:id:algernonab:20180325093416j:plain


ひとまず挿し木しましたが、芽が伸びて葉が開きました。
まだ枝の養分でし芽が伸びただけに過ぎませんが、とりあえず水上げはできたようです。

もう1つの鉢も、
f:id:algernonab:20180325095710j:plain


他も新芽が動いてるものが多いので、うまくいくかもしれません。


f:id:algernonab:20180326233518j:plain


挿し木のペルルドールも順調、さすがメネデールです。




f:id:algernonab:20180326233612j:plain


シュネーケニギンとスパニッシュビューティーのつるバラコンビ。
こちらはボチボチですね。
形になるまで茂らせるつもり。


f:id:algernonab:20180326234246j:plain

ミニバラ軍団筆頭チャーリーブラウン。
元気まくっています。ちょっと込み合い過ぎか。


f:id:algernonab:20180326234413j:plain



ボルドーコルダナ。
如才無いという感じ。冬剪定した時の開花シーズンがわからない。


f:id:algernonab:20180326234619j:plain


グリーンアイス。
バラと思えない小さな葉っぱ。どこか岩の上を這わせたい。


f:id:algernonab:20180326235306j:plain


おっとつるバラなのに忘れてた。
アウェイクニング
これは!ベーサル的なシュートでしょうか?


f:id:algernonab:20180326235741j:plain


ERのWはやっぱり芽吹きです。良かったDA社に写真送らなくていい。

バラたちのお話でした。
植えるところがないのに真宙やクレパスキュル、クレメンティナカルボニエリとかオレンジからアプリコットみたいなのが欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。

さて今日はブログと趣味について語りましょう。
最近割といろんなところでブログを続けるのをどうしようかとか、更新するのをゆっくりにするとかよく目にします。
逆に、ずっと見てたブログが更新されなくなって悲しいというのも読みました。
ブログを書くのも読むのも好きな私どちらの気持ちもよく分かります。

ブログは1つの趣味だと言えると思います。
さてこの趣味、長く人生を生きてくると複数持ってらっしゃる人も少なくないかと思います。
私はゲームを子供の頃からやっているので基本ゲーム好きで、大学時代に洋服が好きになったのでファッションも大きなウエイトを占めています。同じ大学時代に音楽系サークルだったので、今もオケに入って演奏しているし、今は何よりガーデニング第一の趣味と言えます。

若い頃は趣味が少なく、また時間と気力が充実していたので、学業、または仕事という自分の社会人としての大前提に時間を使い、残りで趣味や恋人との付き合いという風にすれば、一般人が従事する3つの大きな事に全て全力投球できたわけです。

しかしだんだん人は大人になるにつれて時間が足りなくなってきます。
仕事はどんどん高度なものを要求され始めるし、恋人という気軽な感じものが成長して家庭という責任があるものに姿を変え始めます。多くの人はここで趣味を失ってしまう事がほとんどでしょう。
でも幸運にも趣味を持てる人であれば、第1の趣味くらいは時間がかかり過ぎないものなら守っていけるかもしれません。

しかし人生の中で培って来た趣味の中でどれかを選ばなければなりません。
私なら趣味はガーデニングを選んで全てを捨てるという選択になるでしょうか?
でもそれも結構難しいのです。やはり街の人たちが衣替えを始めたら新しい流行に目が行くし、楽器をせっかく弾けるようになったのに年とともに忘れて錆びさせてしまうのは勿体無い、子供のゲームとは言え新しいゲームはまあまあ面白い。
全て自分の人生でチョイスして来たものであってそれを否定して生きることなど出来ません。
でもそれらを若い頃のように全てに全力投球していては寝る暇もありません。

取捨選択してガーデニングを選ぶか...となるわけですが、本当にそうでしょうか?
ガーデニングができない時期やできない時に隙間隙間で他の趣味を差し込んでいけばなんとかなるものもあります。
ファッションは特に問題がない気がするし、ゲームは夜やればいい、音楽はオケなので決まった日に行けばいい。
物理的には贅沢をしなければ可能です。安い服を売ってる場所はたくさん、楽器も新しいのを買わなければいい、ゲームは元々子供のだし。
でもこんなに全てのことに気力を注げますか?
やはり無理があるのです。

そこで私は、私だけの処方箋かもしれませんが、ガーデニングに1番力を注いであとはそこそこ続けるという方法を取っています。
服は昔ほど買わない。音楽は参加してるオケの皆さんには悪いけど主体になってやるほどは練習時間を割かない、ゲームはまー夜以外しない。みたいな感じ。

それぞれを第一番に考えている人から見れば、いい加減な趣味だと笑われるでしょう。
でも笑われたところでそれは趣味だし、それが嫌だと思えば第1趣味に格上げしてあげればいい。
それでも限界はあるのです。
頑張り過ぎない自分を愛し、細々でも趣味を絶やさないこと。それが今40でこれからどんどんできる事が失われる人生の後半を生き始めた私の結論です。

特にブログはそれだけでは成立しない趣味を伴うものです。
色々なことに従事した結果、更新ができなくなったり遅くなったりするのは彼らの中で取捨選択を行い今は他を優先したい、優先しないとどうしようもないという苦渋の選択なのです。
それでもやめると言わないのは私が趣味を失いたくないから、そこそこで続けるという趣味のやり方と同じなのです。

なのでブログを休むという人たちやずっと見てたのに更新がピタリと止まったブログたちを暖かく見守ってあげて欲しいのです。
妥協を許さないall or nothingは美しいようだけれど往生際が悪いのが売りの私からしたら短慮以外の何者でもないです。人は変わる人生は長い。可能性を封じる事を進んでやっていては道がどんどん狭くなります。

ブログをしている人たちに仲間意識なんてないけれど1つの文化の中に生きる人々全てに明るい道が拓ける事を祈っています。