水仙のアンカー タリア

12月から続いた水仙のリレー、第3走者のピンクチャームか枯れて最後のタリアが満開になってきています。


f:id:algernonab:20180402184743j:plain


咲き始めはクリーム色だったように記憶していますが、今はまさしく純白。
今年は二輪の房咲きが多くってまるでカップルみたい。

f:id:algernonab:20180402184846j:plain


ブロック塀を白っぽく塗ったのでタリアが目立たないんじゃ...。
などと思いましたが、そうでもなく、逆にタリアの白が私が塗ったジョリパットのクリーム色をよりくっきりとさせている。
こういう色合わせはくっきりはっきりでは無いけれどとても好き。無印良品のリネン始めましたの時のコーデのようなアイボリーと白がナチュラル感を際立たせます。

f:id:algernonab:20180402185331j:plain


むしろ光を反射する白は庭でも目立つ存在です。
ブルーのネモフィラよりタリアの方が目立っています。
白い花は自分の力であんまり選べないのでこれはとても嬉しい出会いでした。
植えてよかった。


f:id:algernonab:20180402185526j:plain



憧れのブロガーさんのようにセリンセと組ませて美しい写真を撮りたかったけれど、なかなかいい写真が撮れません。花は同じように咲かせる事ができてもその植物の風景を切り取る力「緑の瞳」は再現出来ないんですよね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
写真がうまくなっても、
植物を育てるのがうまくなっても、
きっと超えることができない何かがそこにあるんだよね。
ポチッとしていただけると励みになります。