庭仕事2018.4.8

すごい風の前日からするとやや優しい風でしたが庭に出ると


f:id:algernonab:20180408182616j:plain


葉っぱの縁が傷んで乾燥しています。
鈴木満男先生の本に載っていた現象を目の当たりにしました。
やっぱりこうなるんだ。
これはロサ・ケンティフォリア・ムスコーサ。

f:id:algernonab:20180408182817j:plain


あ、覆面イングリッシュローズのWさん(咲くまでのお楽しみのイングリッシュローズ)も!
と思ったらこれはチュウレンジハバチの幼虫による食害。現行犯逮捕。
この虫の写真はよく見るのですが、案外成虫の写真は見ていなくて先日庭友さんとのお話で風貌を聞くまで知りませんでした。何回かオレンジのやつ看過したなぁ。
この子とロサ・ケンティフォリア・ムスコーサとつるバラのアウェイクニングが被害に遭っていました。


f:id:algernonab:20180408191725j:plain


今日はブルー・フォー・ユーの黄変した葉っぱを取り除きました。黄変した私の指は気にしないで。
樹勢が強い子なので多分大丈夫。オールドローズではあまり起こらない現象なのでやはり交配で樹勢を強くしている品種の繁りすぎが原因なのでしょうね。今年黄変が見られたのはブルー・フォー・ユーにチャーリーブラウンです。


f:id:algernonab:20180408192105j:plain



このあいだのプタオホン(葡萄紅)は色が濃くなってきました。
そういえば...。



f:id:algernonab:20180408192327j:plain



蕾が丸い。
ムーミンのミイの頭みたい。
みんなと違う。


f:id:algernonab:20180408193849j:plain


よくあるバラの蕾ってこんな感じ。
これはプタオホンのお隣モーデンブラッシュ。


f:id:algernonab:20180408194027j:plain


チャーリーブラウン。


f:id:algernonab:20180408194110j:plain



スパニッシュビューティー。
一体どこまで膨らませるのか?何センチの花を咲かせるつもりだろう?
細長い感じなんですよね。
プタオホンはオールドだからかな?こういう色のバラだからかな?



f:id:algernonab:20180408194415j:plain



そういえば、レディ・エマ・ハミルトンにも蕾らしきものが!
小さくてよくわからないけれど新芽とは違う形。
遅咲きだと書いているサイトがあったのでもっと遅いと思っていたけれど、イングリッシュローズでは一番早い着蕾です。




f:id:algernonab:20180408194629j:plain



この間鉢上げしたペルル・ドールのジュニア達は萎れること無く育っているのでうまく根っこが水を上げてくれているようです。カーディナル・ドゥ・リシュリューも同じくらい育っているのでこちらも鉢上げしてもいいのかも?期間が短いのでちょっと待ったほうがいいのか。成長するまでに夏が来てしまうと危険なので早いほうがいいのか悩みどころ。

そして種蒔きを行いました。挿し木が得意なのに種蒔きはてんで苦手な私。
今年はいい種蒔き培土が手に入らず、花と野菜の土で。
シナモンバジルとナスタチュームブラックベルベットです。
うまく芽が出てくれるといいのだけれど。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
明日の仕事は戦いになる。
ポチッとしていただけると励みになります。