No.10 アウェイクニング

youtu.be


f:id:algernonab:20180515215911j:plain
アウェイクニング - Awakening

花期 返り咲き
花径 8cm
樹高 5m
作出 Jan Böhm
作出年 1935
作出国 チェコスロバキア


アウェイクニングは私が最初に手を出したつるバラ。
あの頃まだ作出国にこだわっていてチェコスロバキアのバラってあるんだ。
とか思ってしかも持っていないつるバラだったので地元バラ園で予約して買いました。


f:id:algernonab:20180515220519j:plain
その正体はニュードーンという殿堂入りのつるバラの枝変わりでクォーターロゼット咲きになる品種です。
こういうバラって咲かせるのが難しそうな印象ですが、さすがは元々がニュードーン、かなり簡単に大きくなって、割とちゃんとした花がつきました。


f:id:algernonab:20180515220737j:plain
ブッシュローズと違い株が大きくなったのでアブラムシを潰すなど細かい管理がしづらい分、写真の様に形が悪い花が少し咲いたものの、基本的にはクォーターロゼットを崩さないで咲いてくれました。
ソフトピンクもスピリットオブフリーダムとは違うパール系で美しい。


f:id:algernonab:20180515220941j:plain
クレマチスシロマンエとの組み合わせはなんだかオーベルジュに飾っている花色のようなめでたい感じになりましたが花期がきちんと合っていてこれはこれで良い庭の背景となってくれました。


f:id:algernonab:20180515221356j:plain
今年はヤグルマギクの苗が多く出来てもったいなくて同じ場所に植えたのでカオス状態になりました。さすがにこれに青が入るとサーティワンのアイスクリームみたいで賑やかすぎました。


f:id:algernonab:20180515222036j:plain
つるバラはやっぱり咲くとダイナミックです。
まだ二回目が咲いたというレベルだけどハマる理由がわかった気がします。だってブッシュローズと迫力が全然違うんだもん。


[f:id:algernonab:20180515230159j:plain
それでも私の庭には限界が...。
と思っていたのですが、村田晴夫さんのつるバラという本を読んで私は自分の認識の間違いを悟りました。
日本の狭い住宅にこそつるバラはあっているのです。
土の地面と壁は我が家にもたくさんあります。隣家に面していても朝日が当たる場所がある、裏に行く通路は狭い様だけど、近所の薬局はそのくらいのスペースで壁面にアイスバーグと群舞を誘引している。私にだって出来ないことはない!

私は裏庭を開拓することに決めました。昼から日陰になるけれど日陰で眺めたいバラもあるし今まで南面で諦めていた宿根草も植えられる。
アルジャーノンの庭はまだ可能性がある!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
残った暦は5月のみ。
ポチッとしていただけると励みになります。