運命の白いムクゲ2018

f:id:algernonab:20180624152001j:plain

algernonab.hatenadiary.jp

白いムクゲが咲いています。
去年の夏、私は通勤途中のとある駐車場と他の敷地の間にある三角形の誰のものか分かりづらい土地で毎年咲いている白いムクゲを挿し木にして育てました。
挿し木をしたのですが、細心の注意を払って一本だけいただきました。

細心の注意。
都会の人は「どこかで木の枝を切る。」それだけでNGでしょうが、
我が田舎ではこういう空き地とか公園の挿し木はそこそこ行われます。
そもそも隣家からはみ出した枝の剪定はこちらが行うこともしばしばで道路など公共の場所まではみ出したものは地元の有志が自発的に剪定していることも多いのです。
しかしたとえどんな場所に生えたどんな些細なお花でも通る人の心の安らぎになっている事があります。
それを知らずに私が奪う事は緑を嗜む人としては許されません。
なので本当に少しだけ、見た感じの印象をなるべく損ねないように敷地からはみ出した所をそっとひと枝いただきました。


その数ヶ月後、そのムクゲは刈り取られてしまいました。
新しい所有者が見つかったからでしょう。
その後も必死に芽を伸ばすムクゲを完膚無きまでに切り続け今年は全く芽が出ていませんでした。
もうこのムクゲは、もちろん購入先にはクローンがいるのかもしれませんが、私が知る限りではもうこのムクゲは私の庭にあるこの子だけ。
今年も咲きました。花もシベも白い白い爽やかなムクゲ
ハイビスカス型はくどい印象だけどこの白い感じは結構好き。


f:id:algernonab:20180624153815j:plain


ムクゲは正直言って私の庭では大きすぎる植物です。
小さいかな?と思って育てたブルーバードは今年大きくなってもう鉢植えが厳しい感じです。
全く青くないのですが(笑)


でもまぁなんだろう?去年は必死に植物と別れることばかり考え続けましたが、今年になってそうは思わなくなりました。

庭を作りようによっては広げることができだしてからはそんなに捨てなくても買うのを緩やかにするか一年草中心にしていけばサイクル出来るように思えてきたからかもしれません。

ここ白い子は何故だか今年も小さいままそこそこ大きい花を咲かせてくれました。
小型で花が咲くのならこのまま鉢植えで夏の清涼剤として育てようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけると励みになります。