north face

■The North Faceの由来

さてそのブランド名についてですが、「The North Face」はヨーロッパアルプスの難壁中の難壁であるアイガーの北壁(ザノースフェイス)を意味していると言われていますが、ホームページによるとアルプスに限らず、山のもっとも寒く、もっとも征服が困難なルートのことをThe North Faceと呼びそれにちなんでつけた社名であるとのことです。


www.yuraimemo.com
ありました。



f:id:algernonab:20180710053319j:plain
私の庭の北面もきっと植物たちにとっては大変な場所なのかもしれない。
それでも、ずっと鉢植えにしておくよりは地植えにしてあげた方がいいんじゃないだろうか?
それがこの場所を開拓した理由です。

先日植えた捨てられかけたルリマツリの他に、出番まで日陰に追いやられていた黄色いユリに、地下茎で増えるためやはり抜いたボッグセージ、夢のスペースでよく咲いてくれたけどそこでは存在意義を見出せなかったガウラ、うっかり根っこを割って結果的に株分け出来てしまったものの全く活躍の場がないまま大きくなったホトトギス

いわゆる二軍落ちの植物たちを新たな舞台に集めました。
黄色いユリを青い小花中心にまとめた北面の庭、north face
でもそれだけでは結局今一歩の庭のなってしまうので、葉だけの季節にも楽しみができるように斑入りの植物を足しました。


f:id:algernonab:20180710054022j:plain
ここに足したもの以外も入っていますが、斑入りのジャノヒゲとナルコユリを追加しました。
小さいですが、丸ぼったいルリマツリの葉にシャープなジャノヒゲ、同じような形だけど葉色でリズムを作ったホトトギスナルコユリ
ランタナエルサレムセージは別のところで使います。
斑入りツルニチニチソウは前に土手で挿し木をいただいたものが大きくなりハンギングにしていましたが、ここに植えて地植えデビューしてもらいました。


あんまり新しいものを足さない北面に庭north face
葉の色形を楽しみつつ春はユリを初夏からルリマツリを秋にかけてはボッグセージを春夏のまとめ役はガウラに秋はホトトギスに。
うまくここに馴染んでくれるといいな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
大雨でも植物は元気。
ポチッとしていただけると励みになります。