青いサルビア

サルビアというと赤い一年草サルビアスプレンデンスが有名なので赤いイメージですが、シソ科アキギリ属という意味でのサルビアは赤もありますがどちらかというと青や紫の花が多い気がします。


f:id:algernonab:20181011055355j:plain
サルビアラニチカは姿も比較的スプレンデンスに似ている青いサルビアとしてよく見る品種ではないでしょうか?通称メドーセージと呼ばれています。初夏から初秋にかけて比較的長く咲く花です。
ブラジルやパラグアイ、メキシコ原産。

f:id:algernonab:20181011055509j:plain
これは前に紹介したサルビアアズレア。プレーリーセージと言われます。
メドーは牧草地、プレーリーも牧草地だけどアメリカの生態系的意味あいも持つようでこちらの方が範囲が限定されていそうです。秋咲きでかなり水色に近いブルーです。
アメリカに自生。


f:id:algernonab:20181011055823j:plain
こちらはアズレアによく似ていますが、もう少し小さいサルビアカマエドリオイデス、ジャーマンダーセージと呼ばれています。
ウォールジャーマンダーに似ているからだとか?ウォールジャーマンダーを知らないので全くわかりません。
前二つより少し華奢で生育も緩慢ですので小さいスペース向けでしょうね。
三株買ってもう一株しか残っていません。少し過失に弱いかな?
シルバーリーフで四季咲きなのが良い所かな。メキシコ原産。


f:id:algernonab:20181011060229j:plain
この子はサルビアレプタンスウエストテキサスフォームですが、コバルトセージの方がわかりやすくてよく知られた名前でしょうね。
しかもレプタンス(匍匐)していないし。まっすぐ木立状になるサルビアです。
レプタンスならアズレアの方がよほど我が家ではレプタンスしています。
まだ鉢植えで植えられてない庭にサルビア
大きくなるのでスペースがいるんでしょうね。
かなり小花の部類に入りこの中では1番小さい花をつけるサルビアです。完全秋咲。その名の通り西テキサスに自生しているそうです。


面白いのは今回紹介したサルビアはいずれも原種なんですよね。
青い花って意外と多いんです。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村


ランキングに参加しています。
ポチッとしていただけると励みになります。