古いものへの目覚め

f:id:algernonab:20190301070941j:plain
アンカー(錨)のモチーフが好きで一時期家紋の様に用いていました。
理由はないけど、なんとなくあの形が好きなんです。


http://algernonab.hatenadiary.jp/entry/2017/12/16/053530


の記事で書いた古道具屋で見つけたフランスアティークのアンカーを壁に飾ってみました。



f:id:algernonab:20190301071311j:plain
ちなみにこれはスタジオクリップで買ったアンカーのオブジェ。
なんていうかこれはアンカー感は出ているけれど、作ったげな感じがするというか、ちょっと野暮ったく感じはじめました。
はっきり言って壁に飾った方がアンカーらしくないしオブジェというだけにスタジオクリップの方がアンカーらしいのに、不思議とアンティークのアンカーは私の庭に溶け込んでいます。

これをきっかけに色々古道具屋を回るようになりましたが、その中でもあんまりかっこよくないものと雰囲気が出るものがあるように感じます。
単体でよくて庭に置いてみたらどうか?と思うのですが、これはおいても仕方ないとか、置き場所を考えたらやはりいらないとか案外置けるものはなかったりします。



f:id:algernonab:20190301073207j:plain
そんなわけでいろんな本を買ってきました。
私の庭に溶け込む古い道具の研究というか使い方の勉強です。
もともといらないものは置かない性質ですが、やはりスパイスを加えて良い庭にしたいなと思いますので。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
気持ち冷めないで。
ポチッとしていただけると励みになります。